女子旅 in タイ ☆ PRAT
PART back 読書

路線バス プシュー プシュー プシュー 私達が次に訪れたのは【 ワット・ローカヤ・スターラーム 】
ワット・マハータートからは車で10分弱の距離ですが、運転手さんになかなか伝わらず、たどり着くのに苦労した場所です 汗・・・ その時のやり取りはこんな感じでした down

*************************************************************
ワット・マハータートを出た後、私達は行先を伝えようと、運転手さんにガイドブックを広げて場所を指差したら、書いてあった文字が運転手さんにはどうも小さすぎたみたい 読書
顔からだいぶ遠〜くにガイドブックを離し、しばらくしかめ面( もしかして老眼 !? )
・・・でもどう頑張っても見えなかった模様( 笑 )
行きたい場所がなかなか伝わらず、結局運転手さんはタイ語で独り言が始まるし、私達はと言うと、日本語で “ 右・左・ちが〜うっ!まっすぐ〜っ!はい、OK・OK〜! ”といった
感じで、何故か完全日本語による指示出しをする始末 赤い旗 NO! 青い旗 YES!
( 案外そのやり取りが面白くて、道に迷っているのに大爆笑が止まらなくなってしまった私達女子5人集 Ha Ha Ha 女 女 女 女 女 Ha Ha Ha
だいぶ時間はかかったけど、ちゃんと気持ちは通じたようで !? 目的地に無事到着 グッド
どんな状況でもそれを楽しにみ変える事が出来る私達。うん、なかなか悪くない( 笑 )
・・・って、それよりも、運転手さん迷惑かけて本当ごめんね〜っ 汗


*************************************************************

そしてこちらがやっとたどり着いた目的地 バス プシュー【 ワット・ローカヤ・スターラーム 】

高さ5m、全長28mの涅槃仏( ねはんぶつ ) zzz zzz zzz
80歳で入滅した仏陀をあらわしていて、北方を向いて寝ていています。
ここもビルマ軍に破壊されるまでは大きな寺院で、涅槃仏はちゃんと屋根に覆われていたそうです。1956年に復元されました。
   
  まとっている衣は寄進されたもので、損傷を防ぐためにかけられているそうです。
       down 正面からだと大きすぎてフレームに収まりきず カメラ 汗
来るのに大変だったわりに、写真を撮って5分もせずにさくっと撤収 ! ジョギング プシュー( 笑 )
   

*************************************************************

次なる目的地に向け車を走らせていた時、突然目に飛び込んできた何か動物の群れ・・・
近づいてみるとその正体はかわいいヤギ達でした 見る のどかだなぁ〜。

   

ヤギ達がいたすぐ側には【 ワット・プーカオ・トーン 】路線バス プシュー プシュー プシュー
黄金の仏塔寺院と呼ばれる高さ80mを誇る寺院。1387年の建立です。
タイ様式とビルマの様式が混合したビルマ・モン様式。
仏塔の上までは階段で登れるようになっていて、アユタヤの町を一望する事が出来ます 見る

       
             up この階段を登ってます down
   

かなり急な階段。滑らないよう足元に気を付けトップまで登ると見えてくる田園風景 !
一面に広がる田園はどこか懐かしく、ほっとする景色でした パクッ プシュー


 塔は3層に分かれていて、それぞれの階に回廊があります。
 一部トンネルが掘られており、この中に入ると赤い像が祀られているそうです 見る
 

夕暮れ時。田園に空のオレンジ色が反射してとても綺麗〜 ・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・

   

次の場所へ向かうべく、車に乗り少し走ると沈みゆく夕日とワット・プーカオ・トーンが遠く川越しに見えてきました。急いで運転手さんに車を止めてもらい写真をとりました カメラ
まるで絵画の様なすばらしい景色をみれて満足度120% ラブ
   

早くしないと日が暮れるっ ! まだ間に合うならアユタヤ最後にライトアップされた寺院を観ようと【 ワット・チャイワッタナーラーム 】へ急ぎました 路線バス プシュー Go Go Go

*************************************************************
ひらめき ワット・チャイワッタナーラームってどんな場所 ? ・・・_〆ヾ( ̄(エ) ̄  】

1630年にプラサートトーン王が亡くなった母の為に建立した寺院です。
1767年、ビルマ軍に破壊されましたが、現在は大きな公園のように造成されています。
敷地内にはクメール風の仏塔、レンガ造りと漆喰の建物がいくつも建てられています。
ワット・マハータート同様ここにある仏像もビルマ軍により首が切り取られた為、無残な姿のまま残っています。
寺院の四角い境内中央に35mの主塔、四方に4つのプラーン( 高塔状祠堂 )、その回りに回廊があるアンコール・ワット様式の為、カンボジアに戦争で勝利した記念に建てられた説もあります。
*************************************************************

時計 8:00〜18:00まで入場可能で、入場には 50 THB ( 外国人料金 )かかります お金
私達が着いたのは6時前でしたが、スタッフ達は既に帰りの準備中 フガー ニョロ ピピピ プシュー
運転手さんがスタッフに聞いてくれたら OK をもらえたので、私達は中に入る事へ 女 YES!
ちなみにライトアップされる時間は19:00〜21:00までです 星
入場してしまえば、出る時間に制限は無いみたい。おかげで時間を気にせず見て回る事ができました〜 見る

  暗くてよく見えないかもしれませんが、首が切り取られた仏像様が並んでいます。
   
     徐々に暗くなりライトアップが始まると浮かび出てくる神秘的な世界。


   

アユタヤの数ある遺跡の中でも特に美しいと言われるワット・チャイワッタナーラームを最後に見ることが出来て大満足の私達 ラブ 本当楽しかった〜 女 チョキ YES!
時間もだいぶ遅くなってきたのでアユタヤの旅はここで終了です 読書

次回はアユタヤを後にした私達が過ごしたバンコク最後の夜のお話です 月

                                 読書 next PART

海外レンタカーのお問い合わせ・ご予約は
AVISレンタカー 予約センター 0120-31-1911(平日09時〜18時)!
URL エイビスレンタカー トップページはこちら
NEW! エイビスレンタカー 公式facebookページはこちら

author:AVISスタッフ, category:アジア, 11:17
comments(0), -
Comment